飲食店を開業する段階から考慮しておきたいこと

kaigyou18 日本は食のレベルがとても高いので、ただ「おいしい」だけではなかなか飲食店が長続きしないです。かなり自信を持って新しく開業したにもかかわらず悪戦苦闘するということが多々ありますので、何か一工夫加えないと繁盛しないです。

 繁盛させるためには、おいしいと最低でももう一つセールスポイントが必要になってきます。安くておいしい、店内のムードが良くておいしい、料理の見栄えがかわいくておいしいなど、これらのセールスポイントがあると常に評判が評判を呼ぶ状態になりますので、長く営業をし続けられます。

 たとえそれらのセールスポイントがなかったとしても、メディアで取り上げられるくらいのおいしさがあればお客は自然と集まってくるのかもしれません。しかし、それはさすがに高望みし過ぎですので、やはりおいしいともう一つセールスポイントを打ち出していく二段構えでいく戦略が妥当です。そうすれば他と明確に差をつけることはもちろんのこと、リードすることも可能です。

 他店と同じ考え方では、いつかその他大勢と一緒になってしまいます。ですので、そうなってしまわないように新しく飲食店を開業した時点からきちんと方向性を決めておくことが、お客を集めるために必要な考え方です。